中山真研究室|鈴鹿大学こども教育学部

鈴鹿大学短期大学部紀要36巻に論文が掲載されました

紀要表紙鈴鹿大学短期大学部紀要36巻が2016年3月20日に刊行され、中山の論文が下記の通り掲載されました。

中山 真 (2016). 教育・保育実習による保育者効力感の変化に二次元レジリエンスが及ぼす影響 鈴鹿大学短期大学部紀要, 36, 125-133.

要旨
本研究の目的は,教育・保育実習を通じた,保育学生の保育者としての効力感の変化に,学生自身のレジリエンスがどのように影響しているかを縦断的に検討することであった。参加者の短大生92名は,教育・保育実習の前後に,保育者効力感尺度,二次元レジリエンス尺度,成長感尺度などに回答した。結果として,獲得的レジリエンスの高さの違いによって,保育者効力感には差があり,実習を通してその差が開いていた。また,資質的レジリエンスが高くても,獲得的レジリエンスの低い者は「発達的視点で子どもを捉えかかわる」が伸びなかった。 最後に,獲得的レジリエンスを高めるような教育について言及した。

Makoto, N. (2016). Effects of bidimensional resilience on childcare persons’ efficacy in the teaching and childcare practice. Journal of Suzuka Junior College, 36, 125-133.

Abstract
This longitudinal study examined the influences of the resilience of students on the childcare persons’ efficacy following the teaching and childcare practice. Questionnaires assessing childcare persons’ efficacy scale, bidimensional resilience scale and growth scale were completed by 92 college students before and after teaching and childcare practice. The results showed that acquired resilience correlated positively with childcare persons’ efficacy. This relationship became more pronounced after the practice. Additionally, among students with higher innate and lower acquired resilience, the efficacy of “treating and seeing children with the developmental viewpoint” was significantly lower after the practice. Finally, the author made refer to the education to enhance the acquired resilience.

PDF file download

Tagged on: