中山真研究室|鈴鹿大学こども教育学部

研究内容

researchtop

対人場面におけるネガティブな出来事を通じたストレス関連成長(一般にネガティブと思われる出来事を通じて得られる人間的成長)について検討しています。

研究業績

学術論文

  • 中山 真 (2016). 教育・保育実習による保育者効力感の変化に二次元レジリエンスが及ぼす影響 鈴鹿大学短期大学部紀要, 36, 125-133. [CiNii] [機関リポジトリ]
  • 黒川雅幸・吉武久美・中山 真・三島浩路・大西彩子・吉田俊和 (2015). 大学新入生の友人関係におけるFTFおよびSNSコミュニケーション 対人社会心理学研究, 15, 55-62. [CiNii]
  • Hoshino, K., Zarit, S. H., & Nakayama, M. (2013). Life-cycle Images and Psychosocial Development Among Adolescents in Japan. 東海心理学研究, 7, 11-21.
  • Hoshino, K., Zarit, S. H., & Nakayama, M. (2012). Development of the gerotranscendence scale type 2: Japanese version. International journal of aging & human development, 75, 217-237.
  • Hoshino, K., Zarit, S. H., Sundstrom, G., Takenoshita, H., Nakayamoto, Y., Toyama, H., Takase, K., Dodge, H. H., Takai, J., Hirayama, R., & Nakayama, M. (2010). Current and Future Directions of Socio-cultural Support Model for Asian Immigrants Older Adults. アジア研究, 5, 119-128.
  • 中山 真 (2009). 恋愛感情の告白段階における第三者の役割―情報源の信憑性が説得効果に及ぼす影響― 東海心理学研究, 4, 9-17.

著書

  • 中山 真 (2012). 心理臨床場面の対人心理学 吉田俊和・橋本 剛・小川一美(編) 対人関係の社会心理学 ナカニシヤ出版 pp.167-169.
  • 中山 真 (2010). 親密な関係の発展と崩壊 吉田俊和・元吉忠寛(編) 体験で学ぶ社会心理学 ナカニシヤ出版 pp.60-64.
  • 橋本 剛・中山 真(訳)(2008). いたずらに愛し、愛されること―片思いの試練と苦難― 谷口弘一・加藤 司(編訳) 親密な関係のダークサイド 北大路書房 pp.179-196.(Bratslavsky, E., Baumeister, R. F., & Sommer, K. L. (1998). To Love or Be Loved in Vain: The Trials and Tribulations of Unrequited Love. In B. H. Spitzberg & W. R. Cupach (Eds.), The Dark Side of Close Relationships. London: Lawrence Erlbaum. pp. 307-326.の邦訳)