中山真研究室|鈴鹿大学こども教育学部

日本心理学会第78回大会で発表を行いました

日本心理学会第78回秋季大会が,2014年9月10日(水)〜12日(金)に同志社大学で行われました。

中山は,大学生のソーシャルメディアの利用と対人関係に関する共同研究の成果について,ポスター発表を行いました。

この発表は,ソーシャルメディア上でのトラブルについて面接調査を行い,その際の心理的プロセスや対人的相互作用を成長感(ストレッサーを通して経験される自己成長感)の観点から検討したものです。

中山 真・吉田俊和 (2014). 大学生におけるネット上の“つながり”に関する研究(5)ソーシャルメディア上のストレスイベントに関する面接調査 日本心理学会第78回大会発表論文集

発表論文集原稿

Tagged on: